肌トラブル

看護婦とカルテ

ニキビは主に10代に発症する思春期ニキビと、20歳以降に発症する大人ニキビの2タイプに分けられます。 この2タイプは原因も症状も違ってきます。 まず思春期タイプは成長ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されることに加えて、毛穴のつまりとアクネ菌の増殖が原因となって発症します。 発症する箇所はオデコや鼻、アゴなどのTゾーンが最も多く、その他にも頬や背中、胸など皮脂の分泌のあるところならどこにでも発症します。 思春期タイプの治療は丁寧に洗顔して清潔に保ち、アクネ菌を殺菌する作用のあるスキンケア用品を使用します。 次に大人タイプは古い角質の蓄積と乾燥が主な原因で発症します。 発症する箇所はアゴやフェイスラインのUゾーンに発症することが多く、治療法は洗顔と保湿になります。

炎症を起こしてしまうとニキビ跡を残してしまうことがあります。 一旦ニキビ跡が出来てしまうと治療は難しくなると言われているので、ニキビを発症したら早めに対処することがニキビ跡を残さずにニキビを治すことができます。 もしニキビ跡が残ってしまった場合は、皮膚科や美容外科等での治療になります。 治療方法は漢方薬や抗生物質、ホルモン剤、ビタミン剤の服用、外用薬に加えて、レーザーやケミカルピーリングでの治療になります。 レーザーやケミカルピーリングはニキビ跡を消すだけではなく、美白や美肌効果もあります。 レーザーやケミカルピーリングは保険適用外となっており、クリニックにより費用に違いはありますが、1回5000円〜20000円が相場となっています。